>  > 出稼ぎ風俗店で働くにもどこの風俗店で働くにも、自分に合ったお店で働きましょう

出稼ぎ風俗店で働くにもどこの風俗店で働くにも、自分に合ったお店で働きましょう

出稼ぎ専門の風俗店は年々増加傾向にありその中の多くは無店舗型のデリヘル店です。デリヘルはお店を構える費用が掛からないので出稼ぎ風俗店の場合寮を用意しなくては行けませんが店舗費用分お金がかからない分、出稼ぎの寮費を賄えてしまうのではないでしょうか。デリヘル店は開業に伴うリスクや規制が他の風俗店よりもゆるいので今後もっと多くのデリヘル店が出てくるかもしれません。出稼ぎ風俗店では「入店祝い金」「日給最低保証」などがあり、それを目当てに入店を検討している女の子は多いかと思います。ですが、この高待遇は全ての女の子が受けられるわけではないのですこは注意して確認してください。例えばの話ですが、誰が見てもそこまで可愛くない女の子に待遇を適用させるか、可愛くて愛想の良い女の子に待遇をつけるならどちらを選びますか?差別をしているように聞こえてしまいますが、風俗店では女の子は商品なのです。その商品にも優劣は必ずあり、お店にとって重要な商品は扱いを良くします。逆に売れない商品を大事に扱ってもお店は損をするだけなのです。損をするという事はここで言うなれば、大金をはたいいて先行投資をしても見え帰りがないということです。見返りが見込める商品に対しては惜しみなく待遇を付けることはあたらい前なのです。そこで文句を言うのであればそれはお門違いも良いところです。風俗とは平等に稼げると見えてしまいますが実はものすごく格差があり、売れる女の子と売れない女の子の差が激しいのです。売れない女の子はフリーで回される事が多く、指名ではないのでここで指名される女の子と指名されない女の子で差が出てきてしまうのです。売れない女の子は待機時間も長くなってしまい、暇な時間を過ごすことが多くなります。そうなると売れない女の子は辞めていき、別のお店へ働きに行きます。風俗店の女の子の動きはだいたいこんな感じなのです。お店によっては女の子のレベルにそんなに優劣がなく平均して稼げるところもあるのでそういったお店を探すのもいいかもしれません。出稼ぎ風俗店の場合は非常に良い環境なのかもしれません。常にキャストは新人で、長期滞在しても1ヶ月くらいなので女の子の循環が激しいのです。時期によってはキャストのターンオーバーにぶつかるときもあるので上手くいけば売れない女の子でも稼げるチャンスはあるのです。また、出稼ぎ店に入店するということは誰でも新人扱いを受けるので一定期間は注目される位置に配属されます。ですので稼げないなんてことも少ないのです。地元の風俗店で働くよりも出稼ぎで地方や都市部に出稼ぎに行く方が多少は稼ぎが違ってくるのではないでしょうか。また、出稼ぎ風俗店の場合は地元の風俗店よりも高待遇を謳っている店舗が多いので求人情報をよく調べてみるのもいいでしょう。

[ 2015-12-12 ]

カテゴリ: 求人体験談

出稼ぎ風俗の高知 DIVA求人サイト